無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

白内障手術

昨日、眼科手術を受けてきました。以前の記事にも書いたように、左目が白内障で、かなり霞んでいたのですね。今は眼帯を取って保護メガネをかけて生活しているわけですが、左目は明らかにくっきり見えるようになっています。なんか世界が明るくなったような。ただ、その分、これまで気になっていなかった右目のモヤモヤが気になるようになってしまいましたが。これもいずれ手術することになるのかなあ。
 
ということで、昨日の手術に関する顛末を書いていきたいと思います。手術は午後からだったので、午前中は普通に出勤。でも午後に手術を控えている状況で、なかなか仕事にも身は入らなかったですねー。そんな感じでチンタラしながら12時にダッシュで退勤。病院は自宅の近くなのですが、職場から1時間以上かかるのです。もうダッシュです。
 
1時半の予約にちょっと遅れて病院に到着。この時間帯は手術だけする時間ということで、患者は手術を受ける人だけ。今回は私のほかに3人ほどおられ、それらのかたはもう手術衣に身を包んでいました。食品工場で働くときに着るような服と帽子ですね。私も何度か目薬を点眼し、気分を落ち着ける薬?を飲んでから手術衣に。手術を受ける実感がわいてきました。
 
しばらくしたら手術室の前室に呼ばれ、そこでも何度か目薬を点眼。その時にはもう最初の人の執刀が始まっていて、なんかチャルメラみたいな動作音が聞こえてきます。こんな音がするんだなあ、何やってるんだろうなあと不安になってきます。そして最初の人が元気に帰還。次の人が入っていきやっぱりチャルメラ。不安はどんどん増していきます。そして私も目の周りを消毒してついに手術室に呼ばれます。
 
手術用の椅子に座って背もたれを倒し、横になります。目を大きく開いて固定します。ちょっと怖いです。それから上にある光源を見るように言われ、まぶしいながらも頑張って見ます。そうしているうちに目の中にいろいろ液体を流しこまれます。何の液体か訳分かりません。ただ、「麻酔です」と言われて液体を流された時はちょっと痛かった。びっくりした。そうしているうちに私の上からもチャルメラ。その間も液体はジャンジャン流し込まれ、目のくぼみを押さえたときみたいな痛みがちょっと。でも怖いことはほとんどなく、あっさり終わりました。あるときから、見ていた光源の輪郭が急にくっきりしたのは印象的でしたね。
 
手術が終わってガーゼで目をふさぎ、手術室を出ます。別に気分が悪いとかフラフラするとかは全然なかったのですが、急に片目になったので、なんか変な感じ。遠近感が変。ということでしばらくまた前室で座って休み、待合室まで戻ってきました。そして会計を終えて薬局に行き、帰ってきたのですが、薬局に行くまでも、振り返っても後ろ見えないし、段差も分からないしで困りましたが、なんとか事故もなく帰宅。
 
その日は一日大人しくしていたのですが、特に痛みが出るわけでもなく、普通に過ごしていました。手術時間としては10分くらいだし、そんなに痛いこともないので、白内障かなと思う方は気軽に受診してみていいと思います。ちなみに手術費用は保険適用(通常レンズ)で40000円程度、医療保険効きます。

【インコ】いつも元気に遊んでいます

最近インコの写真を全然上げてないので、今回はいくつか披露します。

 

すましたウロコ二羽。

f:id:matsuzhi:20180920104558j:plain

f:id:matsuzhi:20180920104543j:plain

 

可愛い写り方を知っているとしか思えないセキセイ二羽。

f:id:matsuzhi:20180920104644j:plain

f:id:matsuzhi:20180920104701j:plain

他人のケージに遊びに来て興味津々のそらちゃん

f:id:matsuzhi:20180920104734j:plain

 

なぜか段ボールの上に並んでふんぞり返ってるセキセイ三羽。

f:id:matsuzhi:20180920104805j:plain

ウロコも段ボールを秘密基地にしてしまいました。

f:id:matsuzhi:20180920104910j:plain

【回顧】扁桃炎に振り回された1週間

ここしばらくブログを書いていませんでしたが、その間ひどい扁桃炎に苦しんでいました。それに加えて白内障の手術予定や、引っ越す先の新居引き渡し手続き、それに引き続きの引っ越しの準備と、ただでさえ忙しい毎日だったはずが、扁桃炎がごっそりそれらをなぎ倒してしまい、今てんやわんやです。さらに、扁桃炎で仕事を休んでたので、仕事も溜まってるわで、もう笑っちゃうくらいてんてこ舞いです。
 
まず9月12日に、あまりの咳にたまらず耳鼻科を受診。喉の痛みだけでなく、鼻と口の境目あたりの痛みもあると気づいたので、それを訴えると、耳鼻科の先生は、これは点滴とか本格的に治療しなきゃと言って紹介状を書いてくれ、総合病院に。そこで血液検査やら何やらをして、下手したら入院とのことでびびったのですが、血液検査の結果、通院と点滴でなんとかなりそうとのことで一安心。しかし9月14日に予定していた白内障の手術は体調不良のため延期せざるを得なくなりました。
 
9月13日も点滴。翌日は午前中に来てくれとのことだったけど、9月14日の午前中はマンションの引き渡し&住宅ローンの締結???日。仲介業者の人に相談すると、リスケ不可、委任状を書くなら銀行の人や行政書士が私の元にやって来て書かせるという大事になるということで、医者の先生と相談した結果、13日の夕方にもう一度点滴したら14日は点滴なしでまあいいだろうという折衷案が出て、心底助かりました。
 
ということで9月14日は朝から銀行に行き、住宅売買手続き。もちろん体調はいいわけがないが、朝や昼は比較的マシなタイプ?だったので助かりました。フラフラになりながらも、新居が手に入って鍵を受け取ったときは嬉しかったです。これまで何度も通ったりいろんな手続きしたりしてきたのが報われた瞬間でした。フラフラだったけど。フラフラじゃなければ、その足で新居を覗きに行きたかったけど。
 
9月15日は忘れずに点滴。かなり疲れていたのか、点滴中も、帰ってからも、食事してからも、何度も寝ました。疲れもあっただろうし、病気による消耗から回復してくる時期だったのかもしれません。体調は戻ってきていたので、引っ越しの準備(ゴミ捨て、梱包)をすべき所でしたが、無理でした。また、16,17日と連休になるので点滴はどうするのかと思ったら、体調戻ってきているのでもう投薬だけで良いとのこと。助かりました。
 
9月16日は私の誕生日。無理ない程度に活動。昼は寿司をごちそうになりました。夜は自分で腕を振るって美味い料理を食べました。9月17日は、新居の各種工事見積もりということで、何もない新居へ。って、本当はテーブルとかソファーとか置いていってくれているはずが、連絡の行き違い?により全て撤収されており、呆然。なので見積もり作業終了後、急遽ニトリに行き一通り手配。病み上がりだが精力的に動いて一苦労。
 
9月18日にはもう体調は回復していて、最後の診察と眼科の診察。しかし連休明けの総合病院は混雑を極め、地獄の3時間待ち。これ良くなってきた後で良かった。しんどいときだったらと思うとぞっとする。そして白内障の手術は9月21日にねじ込んでもらい、引っ越し前にある程度回復する見藤氏が立ちました。帰ってからはゴミを捨てる捨てる捨てる、要るものは梱包梱包。売る物も梱包梱包。バイク配送業者とか手配手配。かなり精力的に動くことができ、途方にくれるような引っ越し作業も少し前が見えてきた感触を得ることができました。
 
9月19日は仕事に復帰。溜まった仕事にヒイヒイいいながらも、前向きに取り組めています。なんだかんだでリフレッシュできていたみたいです。
 
これが、ブログお休みしている間の怒濤の1週間です。白内障が治り、引っ越し先で落ち着くまで、まだしばらく慌ただしい日々が続きます。しかし、新居は綺麗だし、物をたくさん減らしてシンプルな生活をするのが楽しみだし、白内障が治れば本とかもスイスイ読めるし、慌ただしい日々の先には楽しみが待っています。だから頑張れます。頑張ります。

食べ物で風邪を治したい ~風邪に良い食べ物

久しぶりにひどい風邪を引いています。まず頭痛から始まり、喉が痛くなり、合わせて咳、そして腹痛、しまいには発熱と、症状てんこ盛り数え役満の風邪です。お腹にも多少来ているので、食事もなかなか喉を通らず、昨夜は素麺にネギを乗せた物にしました。お腹は空くんですけど、重い物は体が拒絶するんですよねー。そこで妻と相談して、風邪にいいからということでネギをてんこ盛りにしたので、これが効いてくるといいのですが、今のところまだまだ体調悪いです。
 
そこで、他に風邪にいい食べ物はどんな物があるか調べてみました。

ネギ

まず昨日食べたネギですが、ネギに含まれる「アリシン」が強力な殺菌作用を持つとのこと。これで、口や喉の風邪ウイルスをやっつけることができるそうです。また、体力増強にも良く、体を温めてまでくれるという文句なしの一品。性質上なかなかたくさん摂取するのは難しい食材ではありますが、風邪の引き始めには威力抜群です。

生姜

生姜も殺菌作用、体を温める作用、血液循環をよくする作用があり、風邪対策には優れた効果を発揮します。ただ、生の生姜ですと体を冷やすことがあるらしく、温めた生姜湯や、蜂蜜を混ぜて温めたものなんかが良さそうです。

りんご

個人的に大好きなりんごです。リンゴにはペクチンが多く含まれており、整腸作用があるそうなので、お腹を壊したときなんかにはもってこいです。刺激が少なく食べやすいですしね。また、水分補給にもなりますし、ビタミン、ミネラルが豊富で、風邪で不足しがちな栄養素を補うことができます。

豆腐

風邪で弱っているときのタンパク質の吸収源として非常に優秀です。特徴は何と言ってもその食べやすさ。なかなか肉や魚を食べる気にならないときでも、豆腐ならすんなり食べることができると思います。

かぼちゃ

咳が出る症状にはかぼちゃがいいのだそう。特に種にはビタミンAが豊富に組まれていて、免疫効果があり、病気の治癒を助けてくれます。特に咳や痰といった喉の粘膜の症状を抑えてくれるようです。カボチャの種を炒って食べればいいそうで、調理が簡単なのもいいですね。

じゃがいも

じゃがいもは、風邪の引き始めに有効な食材。ビタミンCが豊富かつ加熱しても逃げにくい上に、ウイルスの活動を抑える働きもあります。またこれも柔らかく加工しやすいので、食べやすいビタミン限として優秀です。
 
ということで今日は風邪に良い食材を調べてみました。他にもたくさんありますが、風邪の身で体力に限界がきたのでこれくらいで。こういうのは元気なときに調べておいて、いざ風邪をひいたら何も見ないでも対処できるようにしないときついですね。今日は何を作ろうかな。そもそも作れるかな。倒れてないかな。はあ。
 
 
 
 

毎日コツコツ継続する方法 ~違いの分かる男になるには

前回の記事で、コーヒーの違いが分かる男になりたいと書きましたが、ダメもとで「コーヒーの違いが判るようになるには」みたいな検索をしたら、なんと結構ヒットして、コーヒーに詳しい人の助言を見ることができました。
 
書いてあったのは、いいコーヒーをコツコツ飲み続けるということ。あとは飲み比べてみるということ。毎日コツコツというキーワードは、例えばビジネスの話を調べたときもそんなことが書いてあったし、ブログの人気を高めるために大事なことなんてのにもよく挙がっている。ダイエットや受験勉強も毎日コツコツやるべきというのは経験によって知っているし、毎日コツコツ積み重ねるというのは、ある程度普遍的なものなんでしょうね。
 
とはいえ、いくら大事とはいえ毎日コツコツというのが一番難しい。これも普遍的なものでしょう。その人に根性がないとか、気合が足りないとか、そういう言葉だけで片付けてはいけない、人間だれしも持つ悩みだと思います。そこで、毎日継続するためのコツを調べた結果、腑に落ちたものを紹介します。
 

1.ハードルを上げすぎない

 
例えば、全く運動してない人が、今日から毎日腹筋を100回やろうと思っても、長続きしないのは目に見えているでしょう。
無理なくできる分量、強度から始めるのは大事ですね。日記なら、「1行でいいから書く」とか。ウォーキングなら「10分だけ歩く」とか。
 

2.休息をとる

 
毎日コツコツといっても、どうしても毎日やらないといけないことでなければ、週に1,2日くらいは休息日を設けた方がいいそうです。毎日やらないといけないというプレッシャーと戦いながらこなすのは時に大きなストレスとなるということも経験的に知っているので、このほうが結果的に長続きするというのは分かります。三日坊主を何度も続けるのが良いという人もいますね。
 

3.ちょっとだけでもやってみる

 
これは毎日コツコツというのとはちょっと外れるかもしれませんが、自分が実行していることで、例えばこのブログでもそうだし、バンドの耳コピでもそう。全部できなくていいから、まずはちょっとだけでも手を付けようと。そうすると、案外あれよあれよと進んで全部終わっちゃう、ということもあるかと思います。「何も考えずにまずやってみる」という人もいました。
 
まずはここら辺を意識してみようかなと。とはいえ毎日コーヒーを煎れるのはそもそもちょっと面倒な気がしますが、低いハードルを設定してなんかうまい仕組みを作っていけたらいいかなと思っています。

ブロトピ:ブログ更新しました♪

違いの分かる男になりたい

子供の頃からコーヒーが好きである。これは間違いなく両親の影響である。いつも夕食後くつろいでいる時間に両親はコーヒーを飲んでいた。ある程度大きくなると、私も勧められて飲むようになった。小さいときはコーヒー牛乳だったけど。まあ、コーヒーと言っても安く大量に買ったインスタントコーヒーで、高級感とは無縁だったが、それでも私の味覚には全く問題ないのである。一応コーヒーメーカーもあって、挽いていたこともあったけど、面倒になったのか、いつの間にかやらなくなってしまった。
 
そんなわけで、今でもことある毎にコーヒーは飲んでいるし、職場にもポットがあるので、インスタントコーヒーを持ち込んで飲んでいる。カフェインの取り過ぎは良くないのかもしれないが、コーヒーは私の生活にはなくてはならないものになっている。
 
とは言っても、例のごとく味については全然こだわりがない。酸味が強いとか、苦みが強いとか、違いが全く分からないわけではないが、全部「おいしい」とカテゴライズされてしまって終わりである。一応コーヒーの本を読んだりして、どこ産のコーヒーはどうみたいな知識は入っているのだが、飲んだ実感としてよく分からないのは勿体ない気がする。
 
私はビールを筆頭に酒も好きなのだが、ビールにしても日本酒にしてもワインにしても万事この調子である。せっかく奥の深い嗜好品を好むのに、何か損してる気がする。コーヒーだって奥が深いのは知っている。気分に合わせて飲む銘柄を選んだりできたら楽しそうというのは分かる。こういう舌ってどうやって育てればいいんですかねえ。コーヒーに限らず、料理全般にも役立ちそうなスキルなんだけど、どうしたら身につくのか全然分からない。

ブロトピ:ブログ更新しました♪

台風の思い出

本日2018年9月4日、台風21号が日本を縦断しています。強力な台風ということで、大きな被害が出ないようお祈り申し上げます。
 
私は九州に住んでいたので、台風なんてものは毎年いくつもやってくる年中行事でした。実際台風の中自転車で友人の家に遊びに行き、友人の家で台風の目を経験したこともあるくらいに、普通のことでした。実際大きな被害が近くであったということも聞いたことなかったですし。唯一、実家のすぐ近くのボロ橋が川に流される、という被害は毎年ありましたが。
 
そんな、親しまれてすらいた台風ではありますが、初めてまともにやばいとおもったのが、1991年の台風19号です。いわゆる「りんご台風」。東北地方にも上陸して、リンゴ農家が育てていたリンゴがことごとく木から落ちて、大きな被害を受けた、というニュースで有名になったあの台風です。
 
あの台風は東北にのみ被害を与えたと思われるかもしれませんがさにあらず、九州福岡にもがっつり被害を与えています。広範囲の山では風濤僕の被害がずっと続いていましたし、インフラにも大分被害が出ました。あのときの九州は直前に別の台風17号が来ていたこともあり、大変なことになっていたのです。
 
当時高校生だった私、直前に迫った体育祭の練習に励んでおり、マスゲームみたいなのの練習もしていました。体操隊形にダッシュで開くとか。で、自分の位置を覚えるために、運動場の周囲に植えられていた木を目印にしました。で、台風が過ぎていざ本番になってみたらその木が台風のせいで根こそぎ無くなっており、ちょっとオタオタしました。それを父親に指摘され、事情を話すとさすがの父も笑うしかなかった、そんな思い出があります。
 
あと19号の時は、学校が半日休校になり、昼に帰宅したのですが、夜にがっつりやってきた台風のせいで非常に広い範囲で停電。あたり真っ暗になりました。ただでさえ田舎で真っ暗だったのが、一面の闇になりました。当時はよく雷なんかでも停電したりしていましたが、このときは長かったですからね、急遽ろうそくを持ち出して明かりにしたのですが、ろうそくを明かりに使ったのは後にも先にもそのときだけですね。で、ろうそくとラジオで一晩過ごしたのを覚えています。プロ野球中継していました。ロッテの平井が首位打者になりました、みたいなことを言っていました。呑気なもんです。
 
で、強風によって屋根瓦がバンバン剥がれて飛んでいき、その結果雨漏りはするわ、それと一番きつかったのがトイレの悪臭。普段気にもしなかったのですが、トイレのファンというのはとっても重要な役割を果たしてくれていたのだなと思い知らされることになりました(詳しくは書きません)。
 
幸いにして我が家はその日のうちに通電したのですが、翌日学校に行くと、ほとんどの家はまだ停電中で、山の中腹に住み、自家発電装置を持つN君の一人勝ちになっていました。その日の登校も、木は倒れてる電柱は倒れてる屋根瓦は散乱してる信号は全部同じ方向を向いているで、カオスな道を原付で走りました。都会だったら完全に麻痺していたことでしょう。
 
あのときは結局瓦屋が大忙しで何ヶ月待ちとかざらになり、そこら中の家の屋根にブルーシートが張られる事態になりました。
 
ということで、自分的に一番怖かった台風の思い出を語らせてもらいました。これから、どうか大きな被害が出ませんように。