無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

春に関してつらつら思うこと

三月もまもなく終わり。ここ埼玉では今週末から来週あたりが花見シーズンということになってくるだろうか。しかし、妻と花見をしようと言っていた4月1日は曇り時々雨か雪、最高気温9℃(熊谷)なんていう、もう4月でっせ、ここ関東平野でっせ、なんか勘違いしてません!?と声を大にして叫びたくなるような天気予報が出ており、最近の気候は本当に油断ならないなと感嘆させられた。ただ、雪と桜を同時に見るなんてことができるならそれはそれで見てみたい。

花見と言えば、若い頃は大酒飲んで馬鹿騒ぎというのもやりました。人混みは好きではないんだけれども、東京では結構有名な公園で友人と集まって騒いでいたりしました。あのときだけは混雑も気にならなかったのはなぜだろう。強いて嫌だったことを挙げると、トイレ待ち行列くらいかな。私はまだいいとしても女性とか長蛇の列になってて、他人事ながら大丈夫かと心配したりしていました。そんな時代もあるにはあったけれども、この歳だともうそれはいいやという感じ。今は妻と二人で近所の公園の桜をのんびり愛でるくらいです。結局馬鹿騒ぎの時は桜なんか見ちゃいなかったもの。今は、飲んだり騒いだりするよりも、きれいなものをよく見たいし、写真に収めたいという気持ちの方が強いです。

この時期は桜以外にもいろいろな花が咲き乱れ、通勤などで道を歩いていても、その美しい姿に癒やされるいい季節である。非常にわかりやすい美しさを提供してくれるものだから、私のカメラ熱も毎年この季節にマックスになる。というか、なかなか想像力というものに欠けてるのか、花とか鳥などの動物くらいしか、被写体として思いつかないのである。他の人のきれいな写真はいろいろ見ているが、自分の生活で見るいろいろな風景から、他の人が見いだしているような「被写体としての魅力」を見つける能力に欠けているのである。こういうのってどうしたら身につくんでしょうね。やたらめったら撮ってみて、後で見てたまたま良かった写真について、あのときはあーだったこーだったと思い出したりするのがいいのかな。どなたかアドバイスくださいー。