無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

夫婦間のすれ違い

かれこれ10年近く夫婦で暮らしているわけですが、ここに食い違いがあるとちょっと努力を要する、というものがあります。例えば、

  • 暑さ寒さの得意苦手
  • 潔癖度の許容範囲

といったところ。エアコンの温度設定で揉めたり、部屋が散らかってる/面倒くさいといった感覚が気にくわなかったりして喧嘩になったり、というのは嫌ですよね。幸い、我が家ではこれらのことについてはさほどの隔たりはなく(違いはあるけれど、互いに許容範囲)、特にトラブルもなく過ごせています。で、我が家でも苦労するのが

  • 食べ物の好き嫌い

です。妻は幸いにして好き嫌いはほとんど無いといって良く、私が料理する際もほとんど気を遣う必要がないので非常に助かっています。しかし、私の方が結構好き嫌いがありまして、嫌いな物の筆頭が、辛い物とトマト。辛い物、というとまあ誰でも限度があるだろうから、どのお宅でも料理する際気を遣うことになるとは思いますが、厄介なのはトマト。まあ一切れとかプチトマト1個とかなら大丈夫ですが、あんまり食べたくない。だったらトマトを避ければいいだけではあるんですが、そう簡単ではないのです。

トマトを使った料理はたくさんあります。同じトマトでも、料理によって好き嫌いが極端に違うのです。

  • 生トマト:嫌い
  • ケチャップ:好き
  • スパゲティミートソース:大好き
  • スパゲティナポリタン:大好き
  • ミネストローネ:あまり好きじゃない
  • ピザマルゲリータ:超好き
  • トマトカレー:嫌い
  • チリコンカーン:嫌い(辛いし)
  • ラタトゥイユ:以前店で食べたのが美味しかったから作ってもらったら食べられなかった(ゴメン!)

ということで、妻はトマト全般が好きですし、料理としても使いやすいので、トマトを使った料理を作ることもよくあるのですが、私が喜んで食べられるかどうかは、実際に食べてみないと分からない。料理の腕とかそういう以前の問題でプレッシャーをかけてしまっているのが申し訳ないです。特に、結局口に合わなかった場合は全然食べられないので、そんなときは妻は申し訳なさそうに謝ってきます。いや、俺の偏食が悪いんだから!謝るのは俺の方だから!と、とっても申し訳ない気持ちになります。

まあ好き嫌いがあるのは仕方ないとしても、トマト一切ダメということであれば、妻もトマト料理は外食の時とか一人で食べるときとかだけにするという対策もできると思うのですが、私の嗜好がこういう中途半端な状態なので、いろいろ気を遣わせてしまって、繰り返しになりますが申し訳ないです。しかし美味しいものは美味しいので、一度や二度私が食べられなくても、めげずに新メニュー開発にチャレンジしてもらいたいと思っております。

そういえば、知人に、「生牡蠣、焼き牡蠣は嫌いで食べられないけど、牡蠣フライは大好き!」という人がいたな。あれはあれですごいな、と思ったことがありました。

今日のブログ更新│ブロトピ│ブログサークル

https://blogcircle.jp/commu/1087/topic/2

http://blog.blogmura.com/rpc/trackback/68322/hopu6tuaxex3