無頓着な松のショートエッセイ

いろんなことに無頓着な著者が、なんとなく思ったことをエッセイ風に書き連ねます。


にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ ブログランキング・にほんブログ村へ

スポーツ観戦

プロ野球観戦が好きである。それは広島に住んでいた時から変わっていないが、見方はずいぶん変わった。以前は外野席に座り、好きな球団の応援に声を枯らしていたが、最近は内野席の少しでも良く見えるところを取り、まったり観戦している。と言っても、得点時なんかは近くの人と喜び合う、そんな感じ。なので、好きなチームの試合を観に行く時は、ホーム球場ならともかく、ビジター球場だと、購入する席種に気をつけないといけない。

最近はまっているのが、思い入れのないチーム同士の試合をビール飲みながら観戦することである。観戦した時に応援しているチームが負けると少なからず凹むが、思い入れのないチーム同士だと結果に関係なく気分良く帰れる。また、よく知らない選手が出てきて、新たな発見ができることもある。そんな選手はちょっと応援したくなる。現時点でのそういう選手の例は、楽天中川大志選手である。

なんにしても、最近はのんびりニコニコ観戦したいというのがあるので、敢えて好きなチームの試合は避けているという側面もある。ビールを飲み、目の前では有名選手のプレイが繰り広げられている。これでいいじゃないかと思う。贅沢な時間である(ビールはたくさん飲むので、金銭的にも贅沢になってしまう)。こういう観戦スタイルと野球は相性がいい。売り子さんがビールを売りに来てくれるし、そうでなくてもチェンジの間に買いに行けばいい。Jリーグも1度観戦したことがあるが、ハーフタイム以外でビールを買おうと思ったら、試合から一旦目を離さないといけない。まあいいんだけど、その間に点が入ったりしたらなんかもったいないような気がする。

自分の観戦スタイルと相性のいいスポーツをたまたま好きになったという意味では、ラッキーである。ちなみにこの観戦スタイルは、競馬や競艇とも相性がいいが、これらは予想を伴うため、あまり酔っぱらわない方がいいと思われる。なんにしても飲酒はほどほどに、と、自戒を込めて。

参議院選挙が終わって

昨日で選挙が終わった。選挙期間というのは自分はあまり好きではない。文句の言い合いをそこかしこで見るのも気分のいいものじゃない。候補者も他者批判でしかものを語れないし、素人が知った風な口を聞いて非難し合うのもうんざり。何が正しいとかじゃなくて、自分にとって一番都合のいい、一番自分に合ったものをめいめいが選ぶ過ぎないと思うんですけどね。自分が正しい他が間違ってる、自分以外は馬鹿とかいうのがそもそも見当違いのような気がします。議論することが悪いとは思いませんが、不快感だけを残す議論を見てもしょうがないわけで。

今回は、というか、だんだん時が経つにつれて、飛躍的に多くの情報が入ってくる分、そういう触れたくない情報も入ってくるようになり、選挙というものが嫌になってきています。一応自分の都合というか考えもあって投票自体はするのですが、ストレスフルな期間です。それが終わってホッとしたのですが、今度はすぐ都知事選挙ですよね。私は東京都民ではないので直接関係はないのですが、また同じように気が重くなりそうなので、ネット含めたメディアとの付き合い方を考えて自衛しなきゃ。少なくとも駅前での爆撃は受けずに済むと思うので(都内じゃないので)。

成長する酒好き

大学を卒業して20年近くなりますが、同じサークルで頑張った同級生たちとは今でもたまに一緒に旅行に行ったり、仲良くさせてもらっています。久しぶり会ったときは、変わったところ、変わっていないところ、変わったけどあの時の仲間に会ったら元に戻ったところ、いろんな顔が見れます。

その中でも、一番変わったなと思うのは、酒を飲むようになったところ。学生時代も飲み会なんかでは飲んでたけれども、そんなに沢山は飲んでなかったし(体育系のサークルにしては、飲み会は非常に大人しいものだった。むしろ馬鹿騒ぎすることの方が嫌われた)、私以外のメンバーは、そういう場じゃない限りほとんど飲むということをしなかった。それが最近会うと、自分からどんどん飲むし、もっとビールよこせとか言う。あれ?そんなキャラじゃなかったよね?と驚かされました。その時は会えなかったけど、飲み会でもちょっとカクテルに口をつける程度だった女子も、Facebook見たら、誕生日はビール飲んだくれたなんて言ってる。一体君たち何があったの??

本人に聞くと、社会人になって鍛えられたという。私のこれまでの職場では強制的に飲まされるなんてことは皆無だったけど(自分で進んで飲んでたし)、職場によってはまだ好むと好まざるとにかかわらず飲まされるところもあるんでしょうな。にしたって、それで鍛えられたとしてもそれほどまでに酒好きに変貌するものかね、と、生まれつきの酒好きの私には不思議でしょうがないのであります。

キュウリ

キュウリが好きである。以前、派手に腹を壊したことがある。あるいは、強烈な二日酔いだったのかもしれない。朝起きたらとにかく胃がムカムカしてしょうがない。それでも仕事に行くつもりだったので、妻の作ってくれた朝食を食べようとした。でもこの体調である。まともに食べられるわけがない。今思えば無理して食べる必要もなかったのだが、貴重な命をいただいているのだからと、肉も頑張って食べた。そこで同じく食卓にあったのがキュウリである。確か塩コンブで和えたやつだったかと思う。食べたら、胃が喜ぶのがわかるのである。「ああ、これは水ばっかりだ。頑張って栄養吸収しなくていいんだ」と言っているのが分かるのである。肉や米を摂取するのは、その時の胃にはつらいことだったのだろう。あの時のキュウリは、ひたすらに苦しかったあのひと時の中で、一服の清涼剤として私を助けてくれたのである。結局、その日は下痢に嘔吐に頭痛に発熱ととんでもないことになったので、仕事は休み、病院に行ったら絶食を言い渡され、数日間スポーツドリンクで過ごしましたとさ。

夕立

先日、夕方休憩していたら、夕立が降り出した。事務所に戻ったら雨音が大きくなってきたので、これはザーッときたな、夏の夕立だな、と思っていたのだけど、すぐに勢いをなくしてしまって止んでしまった。この降り方を見て、最後に実家で過ごした夏を思い出した。あの時は鬱で転地療養をしていたのだが、とにかく暑かった。実家に帰る新幹線のニュースで、大手町で39℃を記録したというのを見たのをはっきり覚えている。それで、夕立は毎日のように降ったのだが、少しの量ですぐ止んでしまう。なので、涼しくならない。そんな夏だった。ザーッとこない夕立を見て、そんなことを思い出しました。数年帰っていないが、今はどうなんだろうか、道の駅ができ、川や田んぼの護岸が進み、深くてよく泳いだ川は膝くらいの浅さになってしまい、ホタルはほとんどいなくなってしまったけど、自然現象はちゃんと自然であってくれているだろうか。不便なだけじゃなく、良くも悪くも自然に満ちた魅力的な田舎であってくれているだろうか。なんてことを思ったんだけど、外を見たら結構降ってました。

居心地の良い職場環境のために

今週末には職場の飲み会が挙行される。ここ数年職場を転々としてきたが、飲み会がある職場は久しぶりである。今時は流行らないのかもしれないが、飲みニケーションというのが好きなので(もともと酒が好きというのもあるが)、楽しみにしている。人と打ち解けるのがあまり得意ではないので、職場を自分の居心地の良いものにする大チャンスが飲み会なのである。職場の人々もいい人、というか良識ある人ばかりなので問題はないのだが、やはり少しでも仲良くなっておいた方が仕事もしやすいというもの。あんまりへべれけになるのはまずいけど、酒の力を借りて。よりよい職場環境を手に入れるべく頑張りたいと思います。

同僚と打ち解けるのにいい機会は飲み会だけではありません。ほかにもきわめて有効な場所がひとつあります。それは喫煙室です。社会人になったばかりのころ、喫煙室では先輩も気さくに話してくれ、仕事以外の雑談とかもでき、ずいぶん職場の居心地が良くなったことがあります。また、怪我で入院した時に、他の患者さんと仲良くなったのも主に喫煙室。同室の怖い職業の人とも、喫煙室で打ち解けたこともあります。人に迷惑をかけない限り、喫煙にもこういうメリットがあります。でも私は3年ほど前に煙草はやめてしまいましたが。

同窓会

去年、出身中学校の同窓会があった。お盆の時期だったけど、自分の仕事は連休じゃなかったし、実家は遠く離れているので、残念ながら出席はできなかった。とはいえ、最近は便利なものがあるもので、出欠確認やその他の連絡をネットを使ってやったおかげで、実際に会うことはできなかったけれども、結構やり取りをすることができたし、会の写真をもらうこともできた。そこから何人かの友達とはFacebook等で個人的な繋がりを新たに作ることができ、先日はついに、自宅の近くに出張で来た友人と実際に会って、二人で一杯やることもできた。感無量である。ネットの功罪はいろいろ言われているが、この点においては、文句無しで感謝、圧倒的感謝(福本風)である。また、遅ればせながらであるが、最近、初恋相手ともやり取りすることができた。在学中は会えば喧嘩(ほぼ100%、私がからかうのが原因)だったのだが、いつか謝ることができるだろうか。まあ、遠い昔のことだから、笑い話で終わるか、下手したら忘却の彼方かもしれないな。

会は相当楽しかったようなので、次回開催されるのであれば是非参加したいが、そんなにしょっちゅう開催したらありがたみがなくなるというもんですわな。5年くらい空けるくらいがちょうどいいのかなという気がするけど、前回参加してない身としては一刻も早く参加したくて、ジレンマに感じていたりします。